Collagraph

版画シリーズ「けしき—そのとき」は、コラグラフという凹版画の技法により制作されています。

 

版をコラージュや石膏によって凹凸をつけ、その上ににインクをのせてプレス機で刷る行程をおよそ100回以上繰り返すと、ある時予想を超えた美しい色彩や、インクの積層による独特な表情を持つ表層に出会います。

ここに掲載した作品は、ひとつの版を一枚の紙に幾度となく刷り重ねることで作られています。ランダムに選んだインクとプレス機の圧力によって偶然現れる表層が幾重にも重なり、美しい「けしき」として現れる「そのとき」まで、一連の行程を続けます。

 ©  Gyotoku Sano. All rights reserved.

  • Facebookの - 灰色の円